二面性

耳を澄まし目を閉じた瞬間嫌な気配を感じる

右から左へ何かが通る

耳鳴りはいつだって混じらない

暗闇、底は漆黒で何も見えない

何かが居る 誰かが居る

そして嫌な気配がする

足の感覚が麻痺をして腕で這いつくばった

忌懺