一切の生き血はなく

一滴でそれは一瞬の出来事。

肋骨は突き出し、目玉を手で支える。

赤く染まる空と海。

ドロドロした血液がこべりつく。

生死を彷徨う時、必ず匂いがする。

そして水面は映し出す そして破壊される。

一切の生き血はなく いったいここは何処だろう

 ジェノサイド あの日のままで

忌懺

前の記事

ワンマン

次の記事

二面性