Tattoo③

私の腕2本は全て統一されており、

特に、二の腕の私のデフォルメの悪魔とキリストは

同じ位置、同じ高さで入っております。

胸のタトゥーに関して。

promiseという英語が入っております。

これは誰かとかじゃなくて、自分自身に対しての言葉です。

それをクロスさせるかのように、

細く長い繊細な抜きが入ったしなやかに揺れ動く孔雀の羽根。

このエロさも私にぴったりだと思います。

蝶の鍵、南京錠、それを覆う手錠は

四方八方に絶妙にエロく広がる鎖や零という文字と合い極まって、

心の壁、自由への解放を意味します。

めちゃくちゃかっこいいです。

私の色白さだからできた顔の表情の薄気味悪さ、

黒と白のコントラストを活かしたタトゥー。

そして抜きや薄ぼかしも色白の肌には問答無用だと思います。

筋肉や骨に見事なまでにぴったりパズルのように絵が入り込んでいます。

大きさも全て計算されています。

世界中探してもここまでの様式美で人体に合わせた絵は、

トライバル以外では見たことがありません。

断言してもいいですが、絶対にないです。

スタンプのような、もしくは画用紙に描くのとは違い、

私の体を覆うことでタトゥー本来の良さが出ています。

その人をいかに表現するか。

そこに尽きると思います。

完全に唯一無二の世界観。

どの分野を取ってもわたしが性格等含め、

世界で一人だけリスペクトする彫師さんの作品です。

画家の絵の基礎である写実的、+αでそれを一度壊し、

零から創造する完全オリジナルの世界観。

画家にとっても彫師であっても一番いい形態は

写実等のオリジナルができる事だと思います。

一生この作品と生きていきます。

篤とご覧あれ。

2015年初月より彫り始めたタトゥーです。

前の記事

Tattoo②